「まくら」へのこだわり

オーダー枕ができるまで

寝具業界の常識を打ち砕く・・・
これは日増しに強くなっていきました。

私はいわゆる「ふとん屋の後継ぎ」です。
以前はまったく畑違いの「呉服屋」に約5年勤務し、長崎県の実家に帰ってきました。
里帰りと言うのは、もう大変なものですね(笑)
「地域一番店!の売上を達成する!」という「若気の至り」の気持ちだけでしたから・・・。 その頃の大村市の寝具環境ははショッピングセンターの大ブーム、そして、ホームセンターやディスカウントストア、果ては衣料品店でも「寝具」が売り出された頃でしょうか。
いわゆる「寝るための道具」である「寝具」はどこでも売られていました。

当店でもやはり同じように、他店を見に行っては「うちより安い・・・」、「また帰って値札を変えなきゃ・・・」の繰り返し。

「寝具」は販売のための道具。
「商品と言う名のお金に変わるもの」
という感覚でした。

一流メーカーの商品を仕入れては、「これは○○の商品ですから絶対いいですよ!」と言って、お客様に「AとBではどちらがいい商品ですか?」と聞かれたら単価の高いものをオススメする。そんな毎日でした。

毎日はそれは慌しいものでした。「どこどこの店よりも当店が絶対安いですから!だって昨日見に行ってきましたから!」というわけの分からない営業トークで一所懸命でした。
今となっては笑い話ですが・・・。

そんなとき、ふと疑問がわいてきました。

「メーカーの今年の新商品でこれはいいですよ!といって販売しているけど、来年になり、同じお客様が再来店したら、「これは今年の新商品ですからいいですよ!」と言って販売するんだろうか?」

「お客様は当店に何を求めてきてくださるんだろう・・・?」という思いが疑問となり、専門店としての店の「あり方」を追求するきっかけになり、

当店は専門店【眠り屋】として
【 寝るための道具 ≠ 寝具 】
【 眠るための道具 = 眠具 】
を提案するべきなのではないか?」
と思うようになりました。

それから、産地をめぐるようになり、「眠具」を日本や海外で探すようになり、実際、自分で物を創り、体感し、改良して本当にオススメできるものだけが残りました。
店の中は「寝具」と「眠具」に分かれていったのです。当然、ただの商品として置いてあったものは仕入れも減り、時にはメーカーに「気持ちは分かるけど、商売としては成り立たないよ」と苦言をいただいたり・・・。

それから約4年の年月が経ち、当店の枕はほぼ「オーダー枕」の注文となり、一般の枕は激減しました。

もし、あのまま「毎年が新商品」だけを販売していたら、今の店はなかったかも知れません。

睡眠で困ってる方は非常に多いです。

当店のオーダー枕は、実際店舗に足を運んでいただき、計測します。完全フルオーダーです。

このオーダー枕は、今までの知識と経験をフルに活用して、作り上げたものです。しかし、私がインターネットでは計測することは不可能です。

どうしても細かいところは実際に敷き寝具に横になってもらわないと不可能だと考えます。人の体もは十人十色です。

しかし、今までのお客様の体験やご相談から得た知識と、少しばかりの学んだ「睡眠学」を織り成すと、不眠の軽減ができるという結果に自信が持てるようになりました。

このオーダー枕は、「枕が変われば、朝の目覚めが変わる!」ということを、体で感じていただきたい」そして、一人でも多くの、「毎日が笑顔になる」ということを感じていただきたいと願って作りました。

「快眠」は一昼夜では解決できないものだと思います。

快適な眠りは
「固く結ばれた糸をひもといていく」
ことなのかも知れません・・・。

「眠り屋」三代目 古泉 典彦

 

「本当は知らない枕の秘密」←冊子をダウンロードできます。

快眠情報をお届け

ご予約・お問合わせはこちらから

お問い合わせフォーム