敷きパッド・ムートン | 大村・諫早でオーダー枕・マットレス・ベッドなどの相談なら さんわ
MENU

敷きパッド・ムートン

年中使えて体圧分散しっかり!
寝返りも楽でおふとんの中の湿度調整もしっかり整えてくれます

ムートンは冬に使うイメージがあるかと思いますが、年中使うことができます。また、体圧分散が良いため寝返りが打ちやすく、吸湿発熱性が良くおふとんの中が快適になります。さらに、メンテナンスがしやすという優れものです。
是非ご来店してその触り心地や機能性を実感してください。

体圧分散に優れています

第一関節までスッポリ入るほどの深さがありながらも、無数の羊の毛が身体を優しく支え、跳ね返してくれます。また、この細かいクリンプ(縮れ)が体を優しく支えます。つまり、睡眠中の無駄な寝返りを無くし、深い睡眠が取れます。

防汚性に優れています

※細かい羊の毛が水を弾き、細かい汚れは中に入りませんので常に清潔に保てます。人は一晩で200cc〜800ccの汗をかくと言われていますが、水をはじく効果でムレ感を少なくします。お手入れも汚れた時は掃除機で吸うだけで済みます。細かいごみも中に通さないので干す・叩く・洗うことはしなくいいんです。
※長く使用していただくために、3〜4年に一回メンテナンスはお勧めいたします。

天然繊維特有の発熱が心地よい

羊毛はその生態から発熱すると言われているので、実験をしてみました。
白は羊毛繊維。茶色の方は発熱を謳うアクリル繊維です。
寝汗をかいたという前提で両方に同じ量の水を吹きかけました。
計測開始時 羊毛24.3℃ アクリル24.6℃

吹きかけて1分経過。アクリルの方が温度が上がりました。発熱アクリル繊維は確かに温度は上がります。これが汗をかいた状態です。

実は繊維とは開始時から0.5℃温度が上がれば「発熱繊維」と謳えるのです。

羊毛24.8℃ アクリル25.3℃

そして、計測開始から3分経過。アクリル繊維の方は最初の計測から比較しても24.1℃まで下がりました。これがおふとんの中がムレている状態と考えられます。

それに対して羊毛は25.1℃まで上がりました。最終で1℃の差です。この差は非常に大きく快眠の差を及ぼします。(クーラーの1℃の差が大きいのと同じですね。)

さんわのおすすめムートン 「ビラベック 敷きパッド」

ベッドのスプリングマットの上に重ねて敷いてください。湿気をしっかり受けとめ、背中から腰にかけてウール独特の心地よいあたたかさが伝わってきます。ベッドの上だけでなく今お使いの敷きふとんに重ねてもお使いいただけます。