ベッドはマットレスを支える大切なモノ。眠りに関わる大切なベッドフレームとは。答えを見つけてください。さんわベッドシステム

ベッドはどんなものを選べばよいのですか?

 

眠り屋さんわではベッド選びの基準はズバリ!「お好みのものが一番いいもの」と答えています。
体を支え、眠りに影響するのはマットレスであり、寝具なのです。
ただし、言わせていただけるならば、上の写真にも載っているようなF☆☆☆☆を選ぶとよいと思います。
これは体に有害なホルムアルデヒドがないという印で、お使いいただいても安全です。

それと、私もベッド選びまでは知らなかったのですが、価格の違いはデザインだとばかり思っていました。
しかし、デザインもそうですが、ベッドに表示されている「無垢」「突き板」という違いがあります。

「無垢」・・・木材をそのまま使用しているもので、木そのままの風合いが楽しめます。時間・生活と共に風合いが出てきます。拭き掃除する場合は硬く絞ったタオル等で拭くとよいでしょう。

「つき板」・・・チップ状になった木材の上にシート状のもので貼ってあります。簡単に言うと、細かく砕いた木材を固めたものの上に木柄のシールを貼ってあるような感じになっています。

強度も関係しますが、木材なので、使用年数・使用方法によってはいわゆる賞味期限は変わってくると思います。

 

熟睡するのにベッドとなにか関係ありますか?

 

ベッド自体が睡眠に関係するとはいいがたいですが(眠り屋はベッド選びの基準はデザインと価格で良いと考えているものですから・・・)ベッドにマットレスを置いた状態でその上に座ります。

座った状態でひざが90度、腰も90度になる状態が一番体に負担はかかりません。低すぎるベッドや高すぎるベッドは、起きたときにひざや腰を無理に動かしてしまうことがあります。

起床時、全身の筋肉はまだ絶好調とはいえません。朝日を浴びて体が活発になっていきますので、一番負担のかからない高さが良いということです。

 

ウッドスプリングタイプのベッドは、当店で推奨している「マニフレックス」ではマットレスがふわふわしてしまい、安定しません。ラテックス(ゴム質)タイプのマットレスや、いわゆる柔らかいマットレスタイプのものに最適です。

宮付ベッドフレーム(Secta)

掃除がしやすいように床下に空間がありているスノコタイプのベッドフレームです。
ヘッドボードには携帯電話やランプなどに使えるコンセント付き。
シングルサイズ 59800円(税込)
セミダブルサイズ69800円(税込)
ダブルサイズ79800円(税込)

宮付ベッドフレーム(Rusk)

掃除がしやすいように床下に空間がありているスノコタイプのベッドフレームです。
ヘッド部分に丸みを持たせているので柔らか味があります。
足を付け替えることで二段階に高さを替えられます。
シングルサイズ 49800円(税込)
セミダブルサイズ 59800円(税込)
ダブルサイズ 69800円(税込)

シンプルベッドフレーム(Ruskヘッドレス)

掃除がしやすいように床下に空間がありているスノコタイプのベッドフレームです。
足を付け替えることで二段階に高さを替えられます。
シングルサイズ 39800円(税込)
セミダブルサイズ 49800円(税込)
ダブルサイズ 59800円(税込)

快眠情報をお届け

ご予約・お問合わせはこちらから

お問い合わせフォーム