2018年10月28日枕・ふとんの豆知識

畳敷きにふとん?ベッド?どっち選ぶ?

畳敷きにふとん?ベッド?どっち選ぶ?

先日のお客様の納品事例から

みなさんこんにちは。長崎県大村市「眠り屋さんわ」の古泉です。

 

先日、仕事上お付き合いのある方の依頼で、ベッドを設置して来ました。

 

その納品事例は → こちら

そこでふと思ったのが、「畳敷き」と「ベッド」はどっちが生活しやすいんだろう?ということ。

 

それぞれのメリット・デメリットは何だろう?

 

と考えてしまいましたので思いつくまま書いてみようかと思います。

畳敷きのメリット・デメリット

◎畳敷きのメリット

僕が学生の頃は、畳敷きの部屋でした。静岡県に住んでいた時の部屋もそういえば畳敷きだったな〜。

ま、どうでもいいけど(笑)

 

まず、考えられるメリットは

・部屋にベッドを置くスペースがないときは畳敷きが良い。
・マットレスはなかなか天日干しできないから、畳敷きだと衛生的かも。
・畳んで、収納することで、部屋の有効スペースが広がる。(万年床はダメだけど)
・布団を上げ下ろしすることで、多少の運動にもなる?
・ベッドの場合は寝相が悪いと、落下する可能性があるからその点は良いかもしれない。(寝相が良い人は心配いらないけど)

 

くらいですかね・・・。

 

◎畳敷きのデメリット

逆に畳敷きのデメリットを思いつくままにあげてみました。

 

・敷きっぱなしになって、不衛生
・毎日の上げ下ろしが面倒。
・飲んで帰った時に、風呂にも入らず、布団にダイブできない。
・梅雨時期や夏場は、湿気が溜まるような気がして、デリケートな人は気になる。
・マットレスに比べて、へたるのが早い気がする。使える期間が短い。
・布団が床につくので、埃を集めている気がする。
・部屋が寒い時には背中がひんやりする。

 

くらいですかね。

 

それでは、次にベッドにした時のメリット・デメリットを考えてみましょう。

ベッドにした時のメリット・デメリット

ベッドのメリット

・上げ下ろしをしなくて良いから楽。
・飲んだ後にそのままダイブできる(飲んでばっか(笑))
・床の埃がつかないから衛生的。
・ベッド下のスペースも有効に活用できる。(最近はベッド下が収納がついていたりするしね)
・上げ下ろしする時の腰に負担が来なくて良い。

 

では、思いつくままにデメリット。

 

◎ベッドのデメリット

 

・寝相が悪いと落ちる時がある。
・ベッド下のゴミや埃を掃除しづらい
・動かす時が大変。そのまま部屋の掃除になったり、ベッド下から思い出が出て来て、見はまったりして、なかなか進まない。
・マットレスはほぼほぼ干すことがなく、敷きっぱなしになってしまう。
・潰れた感じがわかりにくいので、買い替え時期がよくわからない。

 

など、それぞれにメリット・デメリットがありますね〜。

結局どちらが良い?

結局のところ、畳敷きとベッドはどちらが良いの?ってことになるんですが・・・。

 

結果・・・

私の個人的な意見を言わせていただくと、

ベッドかなーって感じです。

 

部屋の広さに制限がないなら、やっぱりベッドの方がいいですね。

やっぱり上げ下ろししなくて良くて、体に負担がかからないってことが大きなポイントになっているんですよね。

 

朝から動きたくないっていう、自分勝手な部分も大きいかとは思いますけど(笑)

 

あなたは「畳にふとん」派?「ベッド」派?

 

どう思いますか?

こんなことを考えるようになったのも、一人の女性との出会いからでした

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

さんわはあなたの不眠を快眠にするお店です。

私達は「快眠のための睡眠知識」と「快眠寝具」を提供するお店です。

寝具という「モノ」ではなく、快眠という「コト」をお届けしたい。

今までにない寝具店のカタチ。

あなたの不眠の悩みに個別に提案できる唯一の「相談型快眠寝具専門店」です。

私たち「眠り屋さんわ」はあなたにとってこんな魅力があります。

1、あなたの不眠の悩みを細かく聞いて、適正な解決策を一緒に探します

2、快眠寝具は体への上質なサプリメントになると考えます。

3、買う前も買った後も、何回でも相談にのります。

始まりは2時間しか眠れない「極度の不眠の女性」との出会いからでした。

「さんわが普通の寝具店から快眠の店に変わったきっかけ」https://sanwafuton.com/message/#message1

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

Pocket

快眠情報をお届け

ご予約・お問合わせはこちらから

お問い合わせフォーム