2018年9月11日枕・ふとんの豆知識

布団カバーのサイズを間違えないで

布団カバーのサイズを間違えないで

カバーの種類には様々なものがあります

みなさんこんにちは、さんわの古泉です。

朝晩涼しくなってきました。これから羽毛布団を使い出す方もいらっしゃると思いますが、布団カバーにはいろんなサイズがあります。

布団カバーのサイズが合っていないと、大変なことになります(笑)

 

掛けカバーだけでもこれだけのサイズがある

掛けカバーのサイズ。

一体どれだけあると思いますか?

私が思い当たるだけでも
150*200
150*210
140*190などなど。

これ、掛けカバーのサイズ、しかもシングルサイズだけでもこれだけ種類があるんですね。

まだまだ他にもサイズがあります。

 

さんわにカバーを買いに来られた時に、「シングルサイズの掛けカバーください」と言われますが、「羽毛布団でご使用ですか?綿布団でご使用ですか?」と聞くようにしています。

たまにキョトンとされる方もいらっしゃいますが、サイズが違うとどちらかが長かったり短かったりしてしまいます。

 

縮み具合も気になるところ

布は一般的に縮みがあります。

綿は3%〜5%くらいの縮みがあったり、ガーゼならもっと縮みます。

合成繊維は縮みは少ないですが、ランドリーなどの高音の熱風で乾燥させるとやはり縮みます。

 

じゃあ、カバーのサイズを統一させれば良いじゃないか!と思うかも知れませんが、和式のお布団と洋式の布団サイズはもともと違うのです。

私が生まれた1975年、日本人は160〜165センチくらいが標準の身長だったのが、現代は平均身長って170センチくらいに高くなっているんですね。

しかし、ふとんのサイズは同じなんですね。

 

なんとなく「?」って感じですが、これからは変わって行くでしょうね。

 

インスタグラムもしています

眠り屋さんわ インスタグラム

https://www.instagram.com/sanwa_oomura/

Facebookもしています

https://www.facebook.com/MianriWusanwa/?ref=bookmarks

YouTubeで動画紹介もしています

眠り屋さんわyoutube

https://www.youtube.com/channel/UC8H-zebV4cfxGPAUy1iWmzA?view_as=subscriber

チャンネル登録もおねがいします^^

眠り屋さんわ

「大村店」

856-0826

長崎県大村市東三城町4-13

Pocket

快眠情報をお届け

ご予約・お問合わせはこちらから

お問い合わせフォーム