2018年4月24日ねむねむコラム

◉コラム21睡眠指導士が教える「寝づらい季節の布団の使い方」

◉コラム21睡眠指導士が教える「寝づらい季節の布団の使い方」

今は非常に寝づらい季節

なぜ今が寝づらい季節なのか?

 

こんばんは。睡眠指導士の古泉です。

今の季節、大変寝づらいものです。

なぜか?

24時間テレビの日だっけ?特に夜中が楽しくておちおち寝れないよね?

・・・確実に違います

 

なぜか?その原因は・・・

1、日中の温度に差がある
2、花粉が気になったり、鼻炎症状が出る
3、新生活が始まり、生活環境に体がついていけない
4、夜中に湿度が高くなり、ふとんに困る

など、いろいろあります。

 

朝まで生テレビ!もあります!

・・・いや、テレビの話じゃなくてね

 

「快眠」が「温度や湿度」に関係あるの?

上にも書きましたが、まず

1、「日中の温度に差がある」

例えば、天気が、関東と中部と九州。

それぞれが温度が、もうバラバラ!

例えば、九州で働いていて、いきなり北海道に行くと、長崎では「暑すぎてTシャツでもいいか?」となりますが、北海道では「実は寒すぎて」ジャンパーが必要になったりするのです。

 

人は恒温動物なので、自分で体温調節ができません。

そのために上着を着たり、着こんだりするわけですね^^

寝ている時も同じで、寒く感じるとふとんをかぶりますし、暑いときはふとんをはいでしまったりすることもあります。

実はここが重要で。

湿度や温度が環境に合わないふとんを使うと、無駄な寝返りが増えたり、湿気が布団の中にこもってしまったり。

 

寝苦しさ倍増です!

 

 

洗えるものはこまめに洗いましょう

2、花粉が気になったり、鼻炎症状が出る

毎日、家の中の掃除をしていますか?

なかなか、毎日できるものではありませんよね・・・。

家の中は清潔にしているつもりが、今の時期は花粉やPM2.5。など、体がつらくなるものがたくさん舞っています。

 

大村公園も桜が満開でした。でも、マスクをして鑑賞されている方も多く、本当は大きく息を吸いたいだろうな~。

なんて考えたりして(笑)

僕みたいに鼻が短い人は、のどがガラガラしたり鼻水が出ることも多いもんね!

だれが人だ・・・

 

 

「ベッド周りの簡単ひと工夫」

ベッドは壁に付けて設置していますか?

部屋の広さなどにも関係してくるとは思うのですが、家の中のホコリは、夜中~朝方にかけて地面に降りてきます。

 

喘息の症状がある方は、朝の起き掛けに症状がつらくなるという方も多いはず。体温の上昇とともに、ホコリが舞いだすことにも関係しているはずです。

 

という事は、ベッドを壁に付けて設置していると、壁際のホコリは床ではなくて、ふとんの上に覆いかぶさっているかも知れませんので、15センチくらい壁からずらして設置するだけでもずいぶん変わります。

 

あくまでも掃除が終わった段階での話ですよ。

掃除と洗濯はできる限りしてくださいね。

 

少しは楽になるかもしれません。

 

新しい環境になれていない時に体調を崩す

3、新生活が始まり、環境に体がついていけない

 

こんなこともあるでしょう。毎日が新しいことばかりの生活の中で、気分的に浮き沈みがあると思います。

 

そんな場合では、体調の変化が起きることがあります。

それに伴って睡眠のリズムも崩れがち。

睡眠のリズムが崩れてきた場合は、まず「起きる時間を一定にしましょう」。

 

寝る時間がバラバラでも、朝に起きる時間を決めていれば、自然と睡眠のリズムが整えられてるようになってきます。

 

ついつい夜更かしなどしてしまうときでも、朝の時間を一定にすることが大事です。

快適な睡眠は「量」ではなく「質」を重視しましょう。

「快眠」には湿度が大きく関係しています

4、夜中に湿度が高くなり、ふとんに困る

 

家の中に湿度計はあります?

湿度が高い場合は自然と寝苦しくなります。

ふとんの中が蒸し暑く感じたり、寝苦しくなってきます。

 

 

*暑い!と感じることはありませんか?

今までは羽毛ふとんでふヌクヌクで快眠できたはずが、ななかなか寝付けないことがあって・・・。

 

人は一日にコップ一杯の汗をかくといわれます。それを吸収するのは敷寝具の役目です。

湿度が高いと自然に布団の中が「快眠」とは程遠くなり、寝汗で体が冷えたり、無駄な寝返りが増えたりと、快適な睡眠ができなくなってきます。

 

暑い場合は空調を使用したりして、温度や湿度を整えるようにしましょう。

朝方冷え込んだりするときもありますので、難しいところもありますが、なるべく快適な温度調整をしましょう。

 

まとめ

1、日中の温度に差がある
2、花粉が気になり、鼻炎症状が出る
3、新生活が始まり、環境に体がついていけない
4、夜中に湿度が高くなり、ふとんに困る

 

など、今の時期は、快眠を阻害する要素たっぷりです。

 

 

毎日の生活をより良いものにするには、少しのヒントで大きく変わってきます。

日中のパフォーマンスを上げるためにも、ぜひ「睡眠」を見直してみてください。

 

質の良い睡眠はスタートダッシュのこの季節が大事です。眠りのヒントを知って、「毎日元気な体つくり」をしていきましょう!^^

たまにはいいこと言うじゃない!

いつも一言余計だよね・・・。人って少しの言葉で傷つくよ。

 

↓ ↓ ↓ 「じゃぶじゃぶ洗えて、すぐ乾く、快適な環境を作ってくれる」パシーマはお勧めです。

【パシーマ】ガーゼと脱脂綿で肌をやさしく包むおふとん

Pocket

快眠情報をお届け

ご予約・お問合わせはこちらから

お問い合わせフォーム