2018年3月17日出張記録

なぜ合わないマットレスで腰が痛くなるのか?

なぜ合わないマットレスで腰が痛くなるのか?

大村市水主町W様納品

電動折り畳みベッドからヒノキベッドとラテックスに

今日は以前お買上いただいたW様宅へ朝一番に納品に行ってきました。
さんわのすぐ近く、兄の同級生のご両親宅様でした。

 

腰が痛いのはマットレスのせい?

W様は、ご来店したときにも腰ベルトをはめていらっしゃいました。
「これがないと腰がしんどくて、痛み止めの薬飲まないとやってられないんですよ」と
おっしゃってました。

現在は折り畳みのベッドに布団を乗せてらっしゃるようです。

 

ちょうど、折りたたんだところに負荷がかかり、腰が沈んでしまいます。

寝具の状況を聞いてからの私の判断は

「ベッドとマットレス一式、できるだけ早めの買い替え」でした。

折り畳みベッドは移動のしやすさでは便利なんですが、一番負荷のかかる腰部分のへたりが早いのです。

そして、納品へ

ベッドフレームはヒノキの香りがする、広島産ヒノキベッド。

 


これにドイツ生まれの天然ラテックス(ゴム)のミルフィをセットしました。

 

そして、年齢とともに表体温は下がるため、ムートンシーツをセットしました。

 

ムートンは手軽で、保温力も高く、湿度調整もしてくれるおすすめの寝具です。

ムートンの説明は → こちら

 

中を開けてみると

 

マットレスの中を開けてみると、中素材はスプリングにヤシの皮とウレタン素材で巻いてある、いわゆるベーシックタイプです。

 

ヤシの皮は非常に通気性がよく、しっかりしているのですが、それをウレタンで巻いてしまうのであれば、何のためにヤシを使っているのかわかりません。

 

おそらくヤシの皮は硬くゴワゴワしているので、それを防ぐために使用しているのでしょう。

 

 

写真では、わかりづらいと思いますが、スプリング部分も湿度が逃げにくいため「さび」が出ていました。

桜も花開きます

桜がつぼみを膨らませ始めた長崎、これからの時期は気温も上がり、体調を崩しやすい時期でもあります。

ぜひ寝具を見直してみませんか?桜のように開花するように、快眠は目日頃のあなたを元気にします。

 

「あなたの不眠のお悩みを、睡眠知識と快適寝具でご提案するさんわ」へぜひご相談ください(^^)

長崎県大村市・諫早市・佐世保市の呉服と寝具のさんわ。眠り・枕・マットレス・振袖のことなら当店にお任せください。

Pocket

快眠情報をお届け

ご予約・お問合わせはこちらから

お問い合わせフォーム