2018年2月17日お店のコト

全ての人に合うマットレスなんてない

全ての人に合うマットレスなんてない

全ての人に合う?それほんと?

平昌オリンピック真っ盛りですね。

 

 

私も羽生君ってやっぱりすごいな~。と感心してみたり、
高梨さんはかなりのプレッシャーで潰されそうになってたんだろうな~。
とかいろいろ考えます。

 

ところで羽生君、以前は〇〇〇ィーヴのCMに起用されていたのに、

最近は東〇〇川のエアーに起用されているのですね。

 

さすが、大手はやることが違うな~!
と感心するのはもとより、「ちゃんと使ってる?」と

 

羽生君の体のことまで余計なお世話をする私です(笑)

 

 

浅田真央ちゃんがCMに出ていた時はかわいかった(笑)

 

 

でも「私の睡眠は〇〇〇ィーヴ」のキャッチコピーのようにイメージ的には抜群に良いんだけれど、

実際マットレスとしてはどうなんでしょう?

 

あ、マットレスがどうのこうのじゃなくて、
「それ使ったら本当にみんなが改善するの?」って疑問です。

 

 

 

 

さんわは大村では唯一「マニフレックス」を販売しています。(*先日イ〇ンさんにもありましたので、唯一ではありませんでした…。)

 

さんわが扱っているマットレスの中に「マニフレックス」があります。

 

 

 

サッカーの香川選手も、野球の清宮選手も使っているらしいです。

 

 

でも、さんわでは有名人の名前は一切(聞かれたら言いますが)言わないようにしています。

 

 

なぜか?

 

理由は明白で、「〇〇の製品だから、あなたにも合います!」とどうしても言えないんです。

 

 

商品ひとつで、有名人が使っていて誰にでも合うならマットレスの種類はたくさんいらなくなるからです。

 

 

低反発より高反発が良いんでしょ?

低反発より高反発が良いんでしょ?

 

これもよくお店で聞かれる質問です。

 

 

「なぜ高反発なんですか?」と少し意地悪な質問を投げかけてみると、

「有名人が宣伝してたから」という答えも返ってきます。

 

 

さんわに置いてあるマットレスもすべて高反発ですが、低反発の否定をするつもりはサラサラありません。

 

 

 

 

それはそれぞれに特徴があるからです。

「ウレタンマットレスで万人に合うものはありあせんよ」と

お答えするとびっくりされる方もいらっしゃいますが、無理もないでしょうね。

 

 

こぞって寝具メーカーが宣伝してるんですから。

売れている=良い商品   とは限らないわけです。

 

体に沿わせるという点ではウッドスプリングが最適

ウッドスプリングって聞いたことあるでしょうか?

 

 

 

ヨーロッパで寝具専門店では必ずと言っていいほどおすすめされる商品です。

 

 

ウッドスプリングは体に沿って、マットレスのほうを調節していきます。

 

 

大柄の方には硬めにセッティングでき、小柄の方には軟らかめにセッティングできるという

「マットレスに体を合わせる」のではなく「体にマットレスを合わせる」というものです。

 

木の板を入れたり抜いたりして、大きく調整したり、横の布の部分を調整して細かい微調整をしたり。

様々な体の凹凸に対応でき、調整できる優れものです。

 

マットレスはラテックス(天然ゴム)が最適です。

 

ウッドスプリングはさらに通気性は抜群です。

ま、隙間だらけですからもっともですが、、、。

マットレスに何を求める?

体圧分散という言葉を聞いたことあるかもしれません。

 

体の重圧をマットレスで分散させるということですね。

 

 

体圧を分散させることができれば、体の凸凹の隙間が埋まるので、深呼吸がしやすくなり、リラックスできるのですが

 

各社とも、そこには着目しているのでしょうが、いまだにマットレスは

「硬め・やわらかめ」で分けられています。

 

「硬め・やわらかめ」は誰にとって?

人の形は十人十色なので、

マットレスの上に寝た瞬間でのイメージかもしれません。

 

しかし、ウッドスプリングのマットレスは「硬い・やわらかい」

の言葉は出ません。

これが「体に合わせたマットレス」につながっているのでしょうね。

 

これが「さんわスタイル」のマットレスの選び方です。

 

どうぞ、一度試してみてください。

今までと違う感覚にびっくりしますよ!

 

 

「寝具×快眠=豊かな暮らし」

さんわはぐっすり眠れて豊かな人生を応援します。

 

Pocket

快眠情報をお届け

ご予約・お問合わせはこちらから

お問い合わせフォーム