2018年1月15日ねむねむコラム

◉コラム5 睡眠指導士が教える「ヒトの脳の重さは何g?」

◉コラム5 睡眠指導士が教える「ヒトの脳の重さは何g?」

人の脳の重さは何gある?

皆さんこんにちは(^^)長崎県大村市寝具専門店、睡眠健康指導士・快適寝具専門家の古泉です(^^)

 

今日のブログはたぶんあまり面白くないです(笑)

突然ですが、ヒトの脳の重さは何gあるかご存知でしょうか?

 

答えられる人はほぼいないと思いますが、成人男性で約1400gと言われています。

「ニューロン」と呼ばれる
神経細胞で構成されています。そのニューロン同士をつなぐ「シナプス」では神経伝達物質を介して信号が伝えられます。
そのシナプスが100兆以上あるといわれています。

例えれば銀河系の星は1000億個以上と言われていますが、それらの星同士が互いに通信回線でつながっているのと同じようなスーパーコンピューターと同等の構造が私たちヒトの脳内にあるのです。

すごく壮大な話ですが、さっぱりイメージできませんね。(笑)

脳ってどれぐらい働いているの?

脳は人で換算すると、体重のわずか2%の重さしかないのですが、安静時でも総エネルギーの18%も消費しているのです。

 

脳は非常に脆弱で繊細な臓器です。そのため機能低下しやすく「連続運転」に弱いのです。

研究によれば、16時間以上連続して覚醒していると、脳機能は低下し酒気帯び運転と同じ程度にしか機能しなくなることがわかっています。

全身の司令塔である脳が機能低下すると正常な精神活動や身体動作ができなくなり、生存が危うくなります。

そのために規則正しい生活と、十分な良質の睡眠が必要なんですね。
眠らなくても安静にしていれば、体の疲労は取れますが、脳は睡眠を
取ることでしか修復・回復できないことになります。

こんな時はどうしたらいいの?

不眠だったり、昼夜逆転、お布団に入ってもなかなか眠れないなどといったご相談を受けることがあります。
特に、深夜勤務があったり、精神的につらい状況だったりの時は不眠になることもしばしばあります。

まだはっきりと原因がわかっていないとされる「むずむず脚症候群」何てのもあります。
小さな虫が足を這うような感覚があります。実は私も経験があり、原因はわかりません。
いつの間にか気づくと無くなっていましたが。

気になるときはお医者さんもそうですが、寝具専門店に効くのも良いかもしれません。
意外と専門店は詳しくお話ししてくれますよ(笑)

私たちふとん業界はこれから先、ふとんだけをご提案していくのには無理が生じると考えています。
実際、他の業界と同じように、後継者が少なくなっているから廃業するということも聞かれます。

数少ない寝具専門店は、お客様にとっての役割を少しだけ忘れてしまっているのかもしれません。
商品だけの「モノ売り」は淘汰され、眠りに必要な「コト売り」ができるお店だけが残っていくのかもしれませんね。

特に大村市はお店を構えた「寝具専門店」は二軒しかありません。それだけお客様はショッピングセンターやホームセンター
、訪問販売、通信販売で「モノ」は買えるということなんでしょう。

専門店はどうあるのが良いのか。これからも「あり方」が問われていくのでしょうね(^^)

脳のお話はチンプンカンプンで分かりにくかったでしょうが、たまにはこんなブログも良いでしょう(笑)

Pocket

快眠情報をお届け

ご予約・お問合わせはこちらから

お問い合わせフォーム