2016年11月3日出張記録

カバーのサイズ

「あれ?このカバーサイズ合ってるの?」

皆さんこんにちは(^^)長崎県大村市寝具専門店、睡眠健康指導士・快適寝具専門家の古泉です(^^)

例えば、「敷布団を買ってそれに合わせて敷布団カバーを買いました」って時に、使っているうちに「あれ?このカバーサイズ合ってるの?」って感じで疑問に思ったことないですか?

布団のサイズとカバーのサイズ、間違えないようにサイズ確認したんだけど・・・って経験ありませんか?

カバーは大きく分けると「綿」「綿/ポリエステル」「シルク」のように、混紡率で様々な種類があります。

ポリエステルを多く含む記事は基本縮みにくいので、気にならないかもしれませんが、「綿」生地には収縮率っていうのがあって、洗濯するうちに4~5%くらい縮むんです。(シルクは生産量も少ないので、ここでは省きます。)

カバーを買ったとき、袋に「収縮率±5%」とかいてあるんですが、袋なんてすぐ処分しますからね(笑)

ということは、例えばシングルサイズの敷布団って横幅(短い方)100センチ、縦幅(長い方)210センチあるんです。カバーも同じ寸法だったら横は入っても縦はパンパン!ってこともあり得ます。

そんな時は100×210センチのカバーを買うことをお勧めします。

布団にもいろんなタイプがあるので(マチがついてたりついてなかったり)、最初余裕があるように感じても、縮み分を考えて、5センチ大きいサイズを買っておくといいですね(^^)

和布団(使っていくうちにせんべい布団になるやつです)は100×200センチ、洋布団(三層敷ふとんみたいな)は100×210センチで作ってあるものが多いです。

すべて一緒のサイズにすればお客様も困らないのにね( ^ω^)・・・

長崎県大村市・諫早市・佐世保市の呉服と寝具のさんわ。眠り・枕・マットレス・振袖のことなら当店にお任せください。長崎県内大村。諫早はもちろん、長崎・雲仙・島原・佐世保・佐賀・福岡からもご来店いただき感謝です(^^)

Pocket

ご予約・お問合わせはこちらから

お問い合わせフォーム