2016年9月19日日記

自作枕、いろいろ試してます。でも良くわからんから来ました

九州は台風が近づく中、市外からの枕のお客様が増えてます!

皆さんこんにちは(^^)長崎県大村市寝具専門店、睡眠健康指導士・快適寝具専門家の古泉です(^^)

九州は台風が近づく中、市外からの枕のお客様が増えてます!長崎新聞のとっとって効果?(笑)

その時のブログ→「長崎新聞とっとってに感謝しています」

先日も「テレビで見たからタオルを巻き巻きして枕にしてるんだけど、なんかいまいちなんです」とご来店。

それだけ困っているってことなんですよね・・・。

「お手を取らせて説明聞いたら、買わなきゃいけないでしょ?」と言われたので
「自分で作れそうなら、買わなくても良いですから、まくらの大事なポイントだけお話ししますね(^^)」
と言って説明させていただきました。

すると、自作で作るのと、さんわのオーダー枕を比較すると「こりゃできないな~」と思われたのか、結局オーダー枕を作っていただけることになりました。

やはり、枕っていくつかのポイントがあって、なかなか自作で簡単にはできないものなんですよね。

説明を聞くと「うんうん、ふむふむ」。最後は「へ~!」という事になっちゃいました。
さらにテレビではなかなか言ってくれないのですが、枕は高さの調整がうまくできないとダメなことも多いんです。

だから、枕だけの説明のつもりが、敷き寝具まで話すんです。枕とマットレスが一致して、初めて枕がその方に「合う」という事なんです。

枕と敷き寝具は「夫婦」みたいなものなんです。夫だけ良くても嫁がダメだったらその家庭はダメだとみなされます。逆もありきですね(笑)

お客様にもよく例えとして話すのですが、車にしてもハンドルがあるとして、ベンツの車に自転車のハンドルじゃ合わないんです。
「マットレスまで考えてないから」と言われること多いんですが(あ、これ、私の接客力のなさの表れでもあるんですが(笑)テヘッ(笑))

ママチャリに本革張りの高級ハンドル付けても走れないんです!と声を大にして言いたい(笑)

だからすぐ買ってくれ!という事ではなく、知っておいてくださいね~で良いんです(笑)知っているのと知らないのでは大違いですからね(^^)

ま、話しがそれましたが、枕を作るポイントがありますよ~ってことで、台風が近づいているんで、晴れたらご来店ください(笑)

決してここで書くのがめんどくさいって事ではないですよ(笑)フフフ。

実際体験しながら聞くのがすっと頭に入るかもですね(^^)気持ち良すぎて寝ちゃうかもよ(笑)

そんなさんわオリジナル「スライス枕」←コチラのページを見てください。

Pocket

ご予約・お問合わせはこちらから

お問い合わせフォーム