2016年7月25日商品のこと

寝具って一番何が良いのでしょうかね~?という質問

寝具って一番何が良いのでしょうかね~?という質問

ムートンについて

皆さんこんにちは(^^)長崎県大村市寝具専門店、睡眠健康指導士・快適寝具専門家の古泉です(^^)

皆さんはおふとん屋さんに言ったことはありますか?
「寝心地」「肩こり・頭痛」「体圧分散」「腰痛に良いもの」「保温」「吸湿性」「発散性」などなど・・・
色んな説明する言葉があって、その中の不足している部分にフォーカスしておススメされるものも多いんじゃないかと思っています。

例えば、「寝姿勢が大事ですよ~」と言われて、「あなたなら硬めがいい(もしくは柔らかめがいい)」と言われるとします。でもそれは、「寝姿勢をある基準まで近づけること」に一番いいマットレスをお勧めすることになり、

寝汗がひどいなら「おふとんの中の湿度を調整する必要がありますね」という事で、少しヒヤッとする敷きパットをすすめることになります。

でも、こんなに悩んでることが様々で、もしもダブルサイズを使う方なら二人寝ているうちのどちらかに合わせないといけないという話になってしまうのです。

でも、それをすべて解決するものがあったら、それこそ夢の話(笑)

そう!その夢がかなうのがムートンなんですよ(^^)
この暑い時にこんな暑そうなものを・・・なんて思わないでくださいね(笑)

ムートンはこんなところに優れているのですよ(^^)
・体圧分散性・・・さんわのムートンは直径一cmの中に3000~3800本の毛が立っておりそれが体を優しく支えます。
・湿度調整・・・ム-トンの毛は立っている毛と毛の間に空気を存分に含みますので、夏はさらっと、冬は暖かい空気を含み保温力を高めます。
・寝床内の温度調整・・・これも湿度調整と共に優れています。
・掃除がラク・・・ムートンは毛と毛の間にゴミやホコリが入り込まないため、日々のメンテナンスは掃除機でガーガー吸って構いません。「重たい寝具を天気のいい日に干さなきゃ!でももしかすると出かけているときに雨???」みたいなストレスもありません。
・年中使える・・・ムートンは吸湿放湿性に非常に優れているため、いわゆる「おふとんの衣替え」がいりません。

他にも様々な優れた部分があります。さんわには純国産のムートンと、コスト削減のために中国製があります。そして、ムートンの価格の差は生まれて3か月以内のムートンで紫外線が当たるのを少なくしている上質なもの(スプリングラムと云われます)から、コシはしっかりしているが飼育期間が少し長いものもあります。

どちらも同じムートンですが、横になった時に柔らかさの違いがわかります。

さんわではいつでも体感していただけるように、常時陳列していますので、気軽にお越しくださいね(^^)

Pocket

快眠情報をお届け

ご予約・お問合わせはこちらから

お問い合わせフォーム