2016年1月22日睡眠の豆知識

アロマは睡眠に効く?

匂いと睡眠

皆さんこんにちは(^^)長崎県大村市寝具専門店、睡眠健康指導士・快適寝具専門家の古泉です(^^)

「眠れないときはいい匂いをかいでリラックスすると良い」というのは皆さん聞いたことあると思います。
では、「匂い」というとなんでもいいのかというとそうでもないようです。

ミント・ジャスミン・柑橘類・シナモンなどの香りには「覚醒作用」があるといわれています。いわゆる「ツン」とした匂いですね(^^)

では、匂いにはどのような匂いが良いのか?
睡眠を促進する匂いとは、白檀(びゃくだん)やラベンダーなどの優しい匂いが良いようですね(^^)
白檀というと私個人的にはおばあちゃんのにおいを想像してしまうのですが・・・。数珠にも白檀はよく使われている匂いのようですね(^^)これらは沈静作用があるといわれています。

実はこれ、睡眠ポリグラフを使って香が睡眠に及ぼす効果を調べた実証研究は少ないようです。
(睡眠ポリグラフとは脳波を測る機械のことです。ま、どれだけ深く眠れてるかを測る機械のことですね。)

また、睡眠中は嗅覚が落ちるのがわかっていますが、この時にラベンダーの匂いを提示すると、睡眠が改善されたという報告もあるようです。

私自身も家にはポットの中から上記みたいなのが出る機械が置いてあるのですが(笑)少しは深い眠りに貢献できているのかもしれませんね(^^)

しかし、それよりもたまに嗅ぐ枕カバーについている、自然の匂いがたまらなくきついときがあります。
これ、加齢臭というらしいです。

不眠になる原因や、隣に寝ている人が不眠になる原因は、あなたのその加齢臭かもしれませんよ!(笑)

ここで一句、「アロマより匂いがきついよ加齢臭」

睡眠ポリグラフを使うといろんなデータが取れるというわけです。
脳波・眼球運動・呼吸など・・・睡眠に関する細かいデータです。

Pocket

快眠情報をお届け

ご予約・お問合わせはこちらから

お問い合わせフォーム