2015年8月7日日記

まさかここで会うとは

まさかここで会うとは

佐世保の問屋でまさかの遭遇

皆さん今晩は(^^)さんわの古泉です(^^)

今日、佐世保の問屋さんに行ってきました。そこで会ってしまいました。

それは・・・

まさかの兄の着物(笑)。

兄は加賀友禅作家として金沢で着物を描いているのですが、その着物が回りまわってまさか佐世保で会うとはびっくりしました(^^)

興奮しましたね(笑)
興奮するついでにお客様に羽織っていただこうと広げて見せたんですが、「私には地味か」という一言に若干、イラっときて「あなたには合わないと僕も思います」と思わず口走ってしまいました(笑)

商品を愛するということはこういうことなのかもしれませんね。

「私が、さんわがいいと思う商品を、誠実に正直に販売する」。大事なことに益々気付かされた日でした。

Pocket

快眠情報をお届け

ご予約・お問合わせはこちらから

お問い合わせフォーム