2015年4月27日日記

眠り屋としての責任

眠り屋としての責任

商品に対しての責任

皆さんこんにちは(^^)長崎県大村市寝具専門店、睡眠健康指導士・快適寝具専門家の古泉です(^^)

さんわにはオーダー枕という物があります。いわゆる一流メーカーのオーダー枕ではなく、こだわり続けたふとん職人出の私の父が一生懸命作り上げたもので、さんわの看板商品にもなっています。

そして、枕カバーにはさんわのロゴを入れて縫い付けてあります。

これは、商品に対しての責任だと考えています。

いわゆる寝具は、今どこでも買える時代です。ショッピングセンターでも、ホームセンターでも、通販でも。

昔から、メーカーさんから新商品が出るたびに、「今までの商品はダメとは言わないけど、なんだったの?」と思うことがよくありました。

そして、その度にギャップを抱えながらも「一流メーカーの商品だからいいですよ!」と販売していました。

販売するのは、寝具という「量」の世界。売上を上げるために、次々と新商品を販売するのです。

そこには常に、葛藤がありました。

(そこんとこもう少し知りたい方は⇒こちら「枕作りはここから始まった」を見てちょ(笑))

そして、今「寝具」ではなく「眠りを伝える店」として奮闘しております。

さんわはもうすぐ創業70年を迎えます。今までもこれからも「本当に良いもの」をお伝えしていける店でありたいと思います。

Pocket

ご予約・お問合わせはこちらから

お問い合わせフォーム