2014年10月31日睡眠の豆知識

眠りの借金地獄

眠りの借金地獄

寝だめはできない。だから借金のように少しづつ負債は増えていく

こんにちは( ̄▽+ ̄*) 大村市でふとん屋を
営む「さんわ」の眠り屋 店長古泉です。

よく「寝だめ」という言葉を聞きますが、
どういうことでしょう。睡眠の研究では、
一時的な「寝だめ」は有効でも、長い期間の「寝だめ」は不可能といわれています。

 

「今週は、睡眠不足で寝れていないから日曜日にたっぷり寝よう」と思っていても、実際には不可能だということです。

 

 

 

睡眠時間にも人それぞれ

ナポレオンは睡眠時間が4時間だったとか2時間だったとか言われたりもしますよね。

その分昼寝してたという説もあります。

睡眠のことを研究していくと、「睡眠不足は睡眠負債」ともいわれます。睡眠不足はいつか、どこかに異常をきたすという事です。

 

「少しずつの睡眠不足がいつかはたまりたまって、体にもよくない」ということですね。

動物はどうやって寝ている?

われらが哺乳類は必ず眠ります。では、動物によって眠り方は違うのでしょうか?

 

おもしろいのは、「イルカ」。
イルカは陸から海の中に入っていった哺乳類だといわれています。

海の中にいるイルカがどうやって眠っていると思いますか?・・・

 

実はイルカには二つ脳があり、二つの脳を交互に休ませているのだそうです。

もちろん人も眠らなければ、日中のパフォーマンスに悪い影響を及ぼすということです。

 

事故も起きる

1989年の巨大タンカー「エクソン・バルディーズ号」の座礁沈没事故も、

 

スペースシャトル「チャレンジャー号」の爆発事故も、

 

実は両方とも極度の睡眠不足だったという報告が出されています。

 

私もいつかは
スペースシャトルに乗るかもしれないので、今日もちゃんと寝るようにします(笑)

言われなくても、めっちゃ寝てるじゃん。

あんたに言われたくないわ。一日18時間くらい寝てるくせに。

 

参考文献 「ヒトはなぜ人生の3分の1も眠るのか? ウィリアム・C・デメント」

 

こちらのブログも参考にしてください ⇒ なぜ「睡眠負債」という流行語が生まれたのか?

 

Pocket

快眠情報をお届け

ご予約・お問合わせはこちらから

お問い合わせフォーム